「ほんまもん農産物」を収穫するための、
最も理想的な完熟堆肥を製造する工程を紹介します
約6ヶ月の工程により完熟堆肥が製造されます

原料の搬入と計量

工場内に計量所を設置.関係各所の協力により良質の原料を確保

  • 車両による原料の搬入と計量

  • 計量所

草木類に対する刈草・剪定枝・その他原料の前処理

原料粉砕機 → 異物選別機 → 膨潤(植繊機)

  • 破砕設備

  • 細かく砕かれた草木類

  • 稼働中の膨潤機

  • 膨潤機で処理された草木

原料調整混合層

草木類(79%),豚糞(21%)の比率で混合

一次発酵槽 (スクープ式発酵攪拌槽)(約30日間)

材料を攪拌し、空気を混ぜ、良い発酵を促進します。一次発酵槽全体の材料を槽の中で1日に3メートルずつ動かしながら発酵を進めます。

  • 一次発酵槽

二次発酵槽 (約60日間)

期間中3回切り返し移送

  • 二次発酵槽

熟成槽兼製品保管ヤード (約90日間)

期間中3~5回切り返し移送

  • 熟成槽で熟成中の堆肥

出荷

  • 車両による出荷

  • 袋詰め機

散布

※ 運搬・散布をご希望の方は
(社)臼杵市環境保全型農林振興公社へ
ご相談ください。
電話:0974-32-7988